ビタミン類  ミネラル  アミノ酸 必須アミノ酸  その他 
サイアシン(B1)
リボフラビン(B2)
ナイアシン(B3)
パントテン酸(B5)
ピリドキシン(B6)
ビオチン(B7)
葉酸(B9)
シアノコバラミン(B12)
アセチルコリン
イノシトール

 
亜鉛
カリウム
カルシウム
コバルト


ナトリウム
マグネシウム
マンガン
リン 
アスパラギン酸
アルギニン
アデノシン
L-アラニン
オキシプロリン
オキシリジン
γ-アミノ酸
キヌレエン 
グリシン
グルタミン酸
シスチン
セリン
タウリン
チロシン
ブロリン
β-アラニン
メチオニン
イソロイシン
トリプトファン
トレオニン
バリン
ヒスチジン
フェニルアラニン
メチオニン
リジン
ロイシン
デセン酸
ヌクレオチド
ビオプテリン
有機酸
R物質
 
山陰ローヤルゼリー

国産ローヤルゼリーを貴方のお手元へ!

☆ 栄養補給の基本はバランスにあります!
今どれ新鮮生ローヤルゼリー
<原材料>
 ローヤルゼリーの飲用にあたって最も重要なことは、新鮮で無加工かどうかにあります。
 下記に見られるように、ローヤルゼリーには多くの重要な成分が含まれています。しかし、それは新鮮な生の状態にあってのことです。冷凍や乾燥させることで多くの栄養素が失われてしまいます。決して水分H2Oだけが除かれるわけではありません。多くのビタミンやミネラル等が失われてしまいます。牛乳でもそうですが、成分無調整でなおかつ新鮮であることが重要なのは言うまでもありません。いくら、粉ミルクを飲んでも失われた栄養素を取り入れることはできません。当然ではありますが、冷凍乾燥させたローヤルゼリーをいくら与えても女王蜂は誕生しません。
 カナダのスミス博士は、実験や研究で、『冷凍乾燥したローヤルゼリーは、新鮮なローヤルゼリーの25分の1の効力しかない』とも述べています。 
健康補助食品

新鮮生ローヤルゼリー


今どれ新鮮生ローヤルゼリー

新鮮生ローヤルゼリー ・・・冷凍乾燥の25倍の効力!

トップ
ローヤルゼリー
注文ページへ
ローヤルゼリーに含まれる主な栄養素
山陰ローヤルゼリーセンター(有)
山陰ローヤルゼリーセンター有限会社

ローヤルゼリーの主成分 (%)


 タンパク質  炭水化物  脂 質  ミネラル その他  水 分 
 18  15  6  1  5  55
 人体には、本来、自らを正常な状態に回復させようとする機能が備わっています。それが自然治癒力とも呼ばれていますが、決して自動的に働く訳ではありません。数多くの栄養素がバランス良く供給されてこそ自然治癒力が発揮されて、人体は正常な状態に回復します。アミノ酸やミネラルは、相互の関係もあり、不足した成分があると別の成分の働きも阻害されてしまいます。特に人体で造られない必須アミノ酸と言われる成分は重要となります。ところが、自分の体にどういった栄養素が不足しているのかは、中々分かりません。ですから、「できるだけ多くの種類を食べましょう」というのは、特定の栄養素が不足することを防ぐためのものでもあります。
 したがって、健康食品の最大の役割は、特定の栄養素の欠乏を補うことにこそあります。そして、できるだけ多くの栄養素を含んだものが一番最適な健康食品だということになります。
 国産のローヤルゼリーである「今どれ新鮮生ローヤルゼリー」は、他に類例を見ない優れた健康補助食品と云えます。
 また、牛乳と一緒で、ローヤルゼリーは新鮮さが第1です。粉ミルクにすることで失われた栄養素は、いくらその粉ミルクを多く飲んでも得ることは不可能です。一方、牛乳がいくら体に良いからと言って、一度に沢山飲んでも決して体にいいわけではなく、毎日適量を飲むことこそが重要です。栄養素の取りすぎは、逆にアレルギーの要因にもなりかねません。同様に、ローヤルゼリー製品も、一度に量を多く飲んだからと言っても決して効果が増大することはありません。新鮮な物を、毎日適量摂取することこそが、最も重要となります。
 ただ、人それぞれ、健康状態が同じではありません。ですから、一日に1回で良い方もあれば、2〜3回飲む必要がある場合もあるでしょう。それは、あくまで飲用される方の健康状態によります。どちらにしましても、一度に多く飲む必要はありませんし、また逆に週に1〜2回といったことでは、効果があまり期待できないといったことになってしまいます。
 ぜひ、毎日飲まれることを心がけてください。自然治癒力をアップさせるための健康食品は、継続することが基本です。飲むことを中断すると徐々にその効果が低下してしまいます。
豊富な栄養成分

山陰ローヤルゼリーセンタートップページへ

Copyright (C) 2006 2013.sanin-royal All Rights Reserved.