山陰ローヤルゼリー
主成分  ビタミン類  ミネラル
経皮酸
 アルテピリンC
 バッカリン
カフェ酸
経皮アルコール
ワニリン
フラボノイド
 クリシン
 ガランギン
 アカセチン
 ラムノシトリン
 ピノストリビン
 サクラネチン
 テクトクリシン
 イサルピニン
 ピノセンブリン
 他20種
 
プロビタミンA
サイアシン(B1)
リボフラビン(B2)
ナイアシン(B3)
ビタミンE
ビタミンP
ニコチン酸
パントテン酸
葉酸
 
亜鉛
カルシウム


マグネシウム
マンガン
ローヤルプロゼリー
<原材料>

T、新鮮生ローヤルゼリー

U、プロポリスエキス

V、はちみつ
プロポリスに含まれる主な栄養素
 タンパク質  炭水化物  ミネラル 水 分 
 0.2  79.7  0.1  20
ローヤルプロゼリーの主成分 (%)
<ローヤルゼリーの含有量>は、「全国ローヤルゼリー公正取引協議会」の6分の1という指針に基づいており、ローヤルプロゼリー80g中には13.3gが配合されています。冷凍乾燥したものに換算しますと、その25倍「333g」の冷凍乾燥ローヤルゼリーに相当します。なお、同協議会による検査では、デセン酸の含有量は、0.49%です(2011,2,4)。
<はちみつ>は、その物自体に重要な栄養素があると同時に、新鮮生ローヤルゼリーの保存に大きな役割をはたしています。
<プロポリス>は、プロポリスエキスを使用していますが、プロポリス抽出用の食用アルコール成分を50%削減させています。ですから、わずかではありますが、アルコール成分が残っています。
 
ローヤルゼリー『国産』です!
プロポリスの主成分 (%)
Copyright (C) 2006 2010.sanin-royal All Rights Reserved.
健康補助食品
 ヤニ類、樹脂  50
 蜜蝋  30
 精油などの油分  10
 花粉などのエステル類  5
有機物質、ミネラル  5
ローヤルプロゼリー
U、プロポリスエキス  ・・・パーフェクトフーズ

健康食品
ローヤルプロゼリー
注文ページへ
☆ 栄養補給の基本はバランスにあります!
ハチミツに含まれる主な栄養素
 ハチミツは、1万年以上も前のスペインの遺跡や5千年前のエジプトの壁画で、すでにハチミツ採取の様子が描かれています。人類にとって重要な栄養源であったハチミツの最大の特徴は、その組成にあります。つまり、砂糖はショ糖で、体に入って胃腸でブドウ糖と果糖に消化された後に吸収されますが、ハチミツは、すでにブドウ糖と果糖に分解された状態なので、すぐに吸収されます。ですから、胃腸に負担をかけることもありませんし、すばやくエネルギー補給できます。
 そういったエネルギー補給と同時に、良質のビタミン類やミネラル類、アミノ酸や酵素といった栄養素も豊富に含まれています。また、ビタミンやミネラルといった成分には相互作用があり、それぞれのバランスが重要で、ある種のビタミンが多くても少なくてもその機能が損なわれます。また、新鮮な果物などに含まれるビタミンCは、短期間のうちに消失しますが、ハチミツの中に含まれるビタミンCは、いつまでも残っています。これは、研究者の中では、謎だとされています。
 この豊富な栄養素がバランス良く含まれているハチミツは、「天然の総合ビタミン剤」とも言われるほどです。そして、ハチミツは、砂糖のように体に害を与えませんし、疲労回復、栄養補給にとても優れています。
  
山陰ローヤルゼリーセンター(有)
     
T、新鮮生ローヤルゼリー  ・・・冷凍乾燥の25倍の効能                                    
 ローヤルゼリーの飲用にあたって最も重要なことは、新鮮で無加工かどうかにあります。
 下記に見られるように、ローヤルゼリーには多くの重要な成分が含まれています。しかし、それは新鮮な生の状態にあってのことです。冷凍や乾燥させることで多くの栄養素が失われてしまいます。決して水分H2Oだけが除かれるわけではありません。多くのビタミンやミネラル等が失われてしまいます。牛乳でもそうですが、成分無調整でなおかつ新鮮であることが重要なのは言うまでもありません。いくら、粉ミルクを飲んでも失われた栄養素を取り入れることはできません。当然ではありますが、冷凍乾燥させたローヤルゼリーをいくら与えても女王蜂は誕生しません。
 カナダのスミス博士は、実験や研究で、『冷凍乾燥したローヤルゼリーは、新鮮なローヤルゼリーの25分の1の効力しかない』とも述べています。 
山陰ローヤルゼリーセンター有限会社
ビタミン類  ミネラル  その他
ビタミンA
サイアシン(B1)
リボフラビン(B2)
ナイアシン(B3)
パントテン酸(B5)
ピリドキシン(B6)
ビオチン(B7)
葉酸(B9)
シアノコバラミン(B12)
アスコルビン酸(C)
ビタミンK
亜鉛
硫黄
塩素
カリウム
カルシウム
珪素


ナトリウム
マグネシウム
マンガン
リン 
亜鉛
カルシウム


マグネシウム
マンガン

ローヤルゼリーの主成分 (%)

ローヤルゼリーに含まれる主な栄養素

 タンパク質  炭水化物  脂 質  ミネラル その他  水 分 
 18  15  6  1  5  55
 ビタミン類  ミネラル  アミノ酸 必須アミノ酸  その他 
サイアシン(B1)
リボフラビン(B2)
ナイアシン(B3)
パントテン酸(B5)
ピリドキシン(B6)
ビオチン(B7)
葉酸(B9)
シアノコバラミン(B12)
アセチルコリン
イノシトール

 
亜鉛
カリウム
カルシウム
コバルト


ナトリウム
マグネシウム
マンガン
リン 
アスパラギン酸
アルギニン
アデノシン
L-アラニン
オキシプロリン
オキシリジン
γ-アミノ酸
キヌレエン 
グリシン
グルタミン酸
シスチン
セリン
タウリン
チロシン
ブロリン
β-アラニン
メチオニン
イソロイシン
トリプトファン
トレオニン
バリン
ヒスチジン
フェニルアラニン
メチオニン
リジン
ロイシン
デセン酸
ヌクレオチド
ビオプテリン
有機酸
R物質
 
V、はちみつ  ・・・天然の総合ビタミン剤
 プロポリスとは、ミツバチが病原菌や害敵から巣を守るための物質であることから、前(プロ)、都市(ポリス)というギリシャ語に由来する名称で、2300年前のアリストテレスの時代に医薬品としてすでに使われていました。
 ミツバチは、その原料を植物の芽や樹皮から集め、唾液と混ぜて巣の中に塗ります。ミツバチの巣は、35度前後に保たれます。乾燥させないように保湿もしていますから、細菌の繁殖には最適の状態にあります。ところが、巣の中は無菌に近い状態に保たれています。その殺菌作用をプロポリスが担っていました。
 つまり、樹木は、その表皮によって水による腐食や細菌から身を守っています。ところがその表皮が剥がれたり、枝が折れたりといった事になりますと、その樹木が腐食することになってしまいます。そんな時、樹木は自らを守るためにヤニのような樹液を出して、傷を負ったところを覆います。ミツバチは、そういった樹木の成分を利用していたのです。
 ですから、プロポリスの最大の効能は、殺菌作用にあります。アリストテレスの頃は、外用薬として利用していたようです。
 その成分は、まだまだ研究途上にありますが、次々と新しい物質が発見されています。その栄養成分は300種類にも上るとも言われています。中でも、フラボノイドと言われる成分は、抗ガン作用と結び付けられ注目を浴びるようになりました。また、フランスやロシアの細菌学者は、ブドウ球菌や大腸菌、コレラ菌といった病原菌に対する殺菌力を突き止めています。ですから、「プロポリスは、人類がこれまでに発見した中で、最も効果のある天然の抗生物質だ」とも言われています。
 また、抗炎症作用も指摘されており、デンマークのニールセンは、強力な殺菌力や、ウィルスや細菌に抵抗力を持つといった働きがあると述べています。
 この樹脂や蜜蝋の成分を含むプロポリス原塊を、食用アルコールで抽出したものが、プロポリスエキスです。地域や花、樹木の分布によってそれぞれ成分が微妙に異なりますが、ユーカリの成分を多く含むブラジル産が最も品質が高いとされています。
新鮮生ローヤルゼリー はちみつ プロポリス 食用アルコール 
 16.7 81.3  1.5  0.5

山陰ローヤルゼリーセンタートップページへ

豊富な栄養成分
ハチミツの主成分 (%)

国産ローヤルゼリーを貴方のお手元へ!

 人体には、本来、自らを正常な状態に回復させようとする機能が備わっています。それが自然治癒力とも呼ばれていますが、決して自動的に働く訳ではありません。数多くの栄養素がバランス良く供給されてこそ自然治癒力が発揮されて、人体は正常な状態に回復します。アミノ酸やミネラルは、相互の関係もあり、不足した成分があると別の成分の働きも阻害されてしまいます。特に人体で造られない必須アミノ酸と言われる成分は重要となります。ところが、自分の体にどういった栄養素が不足しているのかは、中々分かりません。ですから、「できるだけ多くの種類を食べましょう」というのは、特定の栄養素が不足することを防ぐためのものでもあります。
 したがって、健康食品の最大の役割は、特定の栄養素の欠乏を補うことにこそあります。そして、できるだけ多くの栄養素を含んだものが一番最適な健康食品だということになります。
 ローヤルゼリー、プロポリス、はちみつという、言ってみれば健康食品界の『トップ3』を配合した「ローヤルプロゼリー」は、他に類例を見ない優れた健康補助食品と云えます。
 また、牛乳と一緒で、ローヤルゼリーは新鮮さが第1です。粉ミルクにすることで失われた栄養素は、いくらその粉ミルクを多く飲んでも得ることは不可能です。一方、牛乳がいくら体に良いからと言って、一度に沢山飲んでも決して体にいいわけではなく、毎日適量を飲むことこそが重要です。栄養素の取りすぎは、逆にアレルギーの要因にもなりかねません。同様に、ローヤルゼリー製品も、一度に量を多く飲んだからと言っても決して効果が増大することはありません。新鮮な物を、毎日適量摂取することこそが、最も重要となります。
 ただ、人それぞれ、健康状態が同じではありません。ですから、一日に1回で良い方もあれば、2〜3回飲む必要がある場合もあるでしょう。それは、あくまで飲用される方の健康状態によります。どちらにしましても、一度に多く飲む必要はありませんし、また逆に週に1〜2回といったことでは、効果があまり期待できないといったことになってしまいます。
 ぜひ、毎日飲まれることを心がけてください。自然治癒力をアップさせるための健康食品は、継続することが基本です。飲むことを中断すると徐々にその効果が低下してしまいます。